FC2ブログ

記事一覧

LEICA DIGITAL-MODUL-R

00073.jpg
今までに数多くのデジカメが登場しましたが、その中でもライカのデジタルモジュールRはかなり強烈なプロダクトでした。フィルム一眼レフのライカR8もしくはライカR9の裏ブタと交換装着するデジタルバックで、これがあれば1台のカメラをフィルム、デジタルのどちらでも使用できちゃうという夢のある試みです。
撮像素子は26.4X17.6mmのコダック製1000万画素CCDで、35ミリ判に対する画角換算係数は1.37倍。
デジタル部分の開発はデンマークのイマコン社が行っているということでした。

上の写真は2005年9月4日に撮影。
レンズはVARIO-ELMAR-R f3.5-4/21-35mm ASPH.
デジタル部の起動に5秒ほどかかる以外はけっこう実用的だったと記憶しています。
ライカRが好きな人はきっとまだ実用で使っていますよね。



00074.jpg
00075.jpg
ライカR9アンスラサイトに装着するとこんな感じ。
今見てもカッコイイなぁ。
背面にはその後登場するライカM8のデザインモチーフがすでに現れていますね。

プロフィール

Kazunori Kawada

Author:Kazunori Kawada
カメラマンやっております。
写真以外の趣味は
トラックバイクでのバンク走行。
映画観ながらの三本ローラーなど。
好きな音楽はプログレ。